成功口コミから学ぶ!保険選びで失敗しない!保険のビュッフェの利用方法

成功口コミから学ぶ!保険選びで失敗しない!保険のビュッフェの利用方法

保険を取り巻く環境と信頼できる相談窓口

 

就職や結婚、出産など、人生の節目において生命保険に加入する人は大勢います。なぜなら、人間はライフスタイルが変わっていく際に、将来に対する不安を取り除きたいと考えるからです。例えば、結婚する場合、それまでは自分の事だけを考えておけば問題はありませんでしたが、これからはパートナーのことを考えていかなければなりません。そうすると、自分が病気や怪我をしてしまった時に、パートナーの生活が困らないよう新たに保険に加入する人が増えるのです。しかしながら、人間には人生の転機が幾度も訪れますから、その度に保険に加入していると、いつの間にか保障内容が重複してしまったり、あまりメリットが感じられない保障内容が手厚くなってしまっていることがあります。

 

その結果、保険料が高額になり生活費を圧迫してしまう事もあります。さらに、10年前と現在では生命保険のトレンドは大きく異なり、その商品も様変わりしています。例えば、保障内容の傾向でいうと、以前は被保険者が死亡した際に保険金が支払われる、死亡保険が主たる保険商品でした。しかしながら、医療の進歩による、飛躍的な長寿の実現やそれに伴い高齢社会の到来により、ある一定の期間生存した場合に支払われる生存保険や、三大疾病などに対する医療費に特化した医療保険が最近のトレンドとなっています。つまり、生命保険は、一定の期間ごとに見直しが必要であり、その場合には単に新たに生命保険に加入するのではなく、場合によっては解約して加入することも必要となります。

 

しかしながら、生命保険は私たちの生活になくてはならないものである反面、その保障内容については複雑すぎてよく理解できていない人がいるのも事実です。特に以前は、生命保険会社の営業マンに勧められるままに、生命保険に加入している人が大半であり、保障内容も営業マン任せとなっていたのが実態です。当然、生命保険会社の営業マンは自社商品しか販売しませんし、商品によって営業手当の金額は異なりますから、どうしても営業マンに有利な商品を紹介しがちになってしまいます。また、かつては高齢者に対する営業活動において、言葉巧みに自分に有利な保険商品に勧誘し、後からトラブルとなるケースもあり、生命保険の勧誘については厳格なルールで規制されています。

 

こういった実態を踏まえ、ここ数年、生命保険選びに失敗しないために、どこの保険会社にも属さない、「保険のビュッフェ」「保険クリニック」「みつばちほけん」といった相談窓口が多数開設されています。こうした相談窓口では、無料で相談者の年齢や家族構成、職業、年収、既往歴などから、その人に最も適した生命保険を紹介してくれます。もちろん、どこの生命保険会社にも属していませんから、逆に言えば様々な生命保険会社の商品を扱うことができるのです。中でも「保険のビュッフェ」は口コミでも高い評価を得ており、多くの相談者の支持を得ています。最大の特徴は、実績と経験のあるファイナンシャル・プランナーが懇切丁寧な説明を行う点です。

 

ファイナンシャル・プランナーの配置は、どの保険相談窓口でも同様ですが、実績と経験がなければ、真に適した生命保険を紹介することはできません。実は、保険相談窓口の実力差は、ファイナンシャル・プランナーの力量にかかっていると言っても過言ではありません。そういった観点から、最も信頼できる保険相談窓口だと言えるのです。相談内容については、現在加入している生命保険の内容が、自分のライフスタイルに適しているか、といった基本的なものから保険契約者が亡くなった場合の、生命保険の相続など、あらゆる問題に対して対応してくれますので、とても便利で頼りになる存在なのです。

 

 

保険のビュッフェの成功口コミ例

 

保険のビュッフェでは、様々な案件に対応していますから、様々な口コミが寄せられていますが、そのほとんどが「相談して良かった」「もっと早く相談しておけば良かった」「保険料の減額に成功しました」といった、顧客満足度につながるものですので、いくつか成功した例を具体的に紹介していきます。「医療保険に加入しようと相談したところ、単に生命保険や年金の商品説明だけかと思っていたら、最近の保険や年金を取り巻く環境など、商品以外の情報を教えていただきました。その上で、私に最も適した保険商品を提案していただきましたので、納得して加入することができました。

 

今までは、何となく保険会社の担当者に勧められる商品に加入していましたが、今回は初めて自分で納得して保険に加入しました。」この事例は、もっともベーシックな相談事例ですが、契約者に保険商品の背景をしっかりと説明することで、なぜこの商品が一番適しているのかを相談者に理解してもらい、満足度の高い提案となった好例です。「子供が生まれたのを機に、将来の学費のことを考えて、学資保険について相談しました。実際に、学費について、どのくらいかかるのか想像もつきませんでしたが、私が住んでいる地域から大学に進学する際に必要な経費について概算していただいた上で、どの程度の資金を準備すべきか、また、そのためには、毎月の保険料をどの程度に設定すれば良いのか丁寧に教えてくださいました。

 

そこで、初めて進学に必要な金額を把握できましたし、毎月の保険料がいかに大切であるか、また、早くから準備することがとても大切であることに気づかされました。何も知らないままでいたら、手遅れになっていたかもと思うとぞっとします。相談して本当に良かったと思います。」子供が生まれた場合、学資保険に加入する人は大勢いますが、実際に進学する際に必要な金額から逆算して契約する人は、あまり多くはありません。その結果、実際に進学する際にお金が不足することもあります。特に、学費は私立と国公立では、その経費が大きく異なりますので、目標とする金額を早期に定めることは、非常に大切なことなのです。

 

「結婚を機に何か保険に加入したいと思っていたところ、女性保険のことをCMで知り、興味がわいてきたので相談しました。実は、今まで加入していた保険会社に相談したところ、女性保険は商品ラインナップにはなく、その会社の生存保険を勧められていました。私の担当のファイナンシャル・プランナーは、女性保険と一般の生存保険の違いを丁寧に説明した後、これから結婚、出産を控えているなら、出産に係る医療費にも対応できる女性保険が幾分か有利であることを教えていただきました。結果、数年後に出産する際、帝王切開だったのですが、保険金で医療費をカバーすることができました。」今、話題の女性保険ですが、加入するタイミングを間違えると、一般の医療保険と結果的に保障内容が変わらない場合があります。

 

また、女性保険は、やや保険料が高くなる傾向にありますから、相談者のように出産前に加入するのは非常に良いタイミングであり、数年後に女性保険の最大のメリットを受けることとなっていますので、保険商品の選択に成功した事例です。これらに共通していることは、相談者の年齢やライフスタイルを見極め、その目的に沿った保険商品を提案していることであり、その理由についても的確に説明していることです。また、特定の保険会社に属していないため、豊富な保険商品の中から商品を選ぶことが可能となっており、相談者の満足度も非常に高いことがわかります。生命保険は、将来にわたって自分のライフスタイルを保証するため、とても重要なものですから、しっかりと内容を理解し、納得性をもって加入したいものです。そういった点でも、まず相談することはとても大切なことなのです。